福岡県北九州市  はしもと小児・矯正歯科医院 日本小児歯科学会専門医指導医,日本顎咬合学会認定医,小児口腔医療研究会

著書

1.橋本敏昭:TEACCH法、小児歯科患者の臨床的対応(木村光孝、下野勉、土屋友幸編)、
  118〜121、クインテッセンス出版、東京、2001.
2.橋本敏昭:遊戯療法、小児歯科患者の臨床的対応(木村光孝、下野勉、土屋友幸編)、
  122〜124、クインテッセンス出版、東京、2001.
3.橋本敏昭:哺乳ビン齲蝕の処置、乳幼児歯科診療の実際(木村光孝、祖父江鎮雄、
    下岡正八編)、96〜98、クインテッセンス出版、東京、1998.
4.内上堀征人、空田、安博、西田郁子、牧 憲司、橋本敏昭:子供の歯に強くなる本 
    第1版(木村光孝監修)、クインテッセンス出版、東京、1992.
5.橋本敏昭:咬合の管理 下顎歯列弓の拡大:カラーアトラスハンドブック 
    小児歯科臨床ヒント集(五十嵐清治、本川渉、土屋友幸、池田元久編)、171、
    クインテッセンス出版、東京、2003.
6.橋本敏昭、木村光孝:小児に対する虐待と乳歯外傷、乳歯列期における外傷歯の診断と治療
    (木村光孝、高木裕三、香西克之、朝田芳信監修)、104〜107、クインテッセンス出版、
    東京、2005
7.橋本敏昭:はしもと小児歯科医院での安全な診療への取り組み、世代をつなぐ小児歯科 
     最新情報と子どもへの取り組み45(五十嵐清治、吉田昊哲編)、156〜157、
     クインテッセンス出版、東京、2009.
8.橋本敏昭:萌出した形成不全歯の処置 原因と治療方針、木村光孝監修 新装版 
     子供の歯に強くなる本、260〜261、クインテッセンス出版、東京、2012.
9.橋本敏昭:咬合のカギ、木村光孝監修 新装版 子供の歯に強くなる本、263〜264、
     クインテッセンス出版、東京、2012.
10.橋本敏昭:第1大臼歯を保存しよう、木村光孝監修 新装版 子供の歯に強くなる本、
       260〜261、クインテッセンス出版、東京、2012.
11.橋本敏昭:第2大臼歯は歯列最後方部の砦、木村光孝監修 新装版 子供の歯に
       強くなる本、262、クインテッセンス出版、東京、2012.
12.橋本敏昭:特集 小児歯科専門医への手引き 専門医とは 専門医に求められること、
       小児歯科臨床、東京臨床出版、18〜25、東京、2011.
13.橋本敏昭、岡 暁子:乳歯における振盪、乳歯列期における外傷歯の診断と治療
       (木村光孝監修、高木裕三、前田隆秀、田村康夫、香西克之編集)、52〜53、
       クインテッセンス出版、東京、2013
14.橋本敏昭、馬場篤子:乳歯外傷後の歯髄腔の変化、乳歯列期における外傷歯の診断と治療
       (木村光孝監修、高木裕三、前田隆秀、田村康夫、香西克之編集)、98〜99、
       クインテッセンス出版、東京、2013

原著論文

1. 牧 憲司 、橋本敏昭、佐伯 桂:乳歯の早期喪失に対する保隙, DENTAL DIAMOND、   35 (505)、68〜74、2010.   
2. 橋本敏昭、金城敬、有住隆史:乳歯外傷後に惹起される歯髄腔の狭窄及び閉塞に
ついての臨床的検討、日外傷歯誌、4(1):55〜64、2008.
3. 橋本敏昭、藤田優子、牧 憲司:乳歯の歯内療法、特集 今日の小児における外傷歯
の歯科治療、季刊 歯科医療、第一歯科出版。22(2)、34〜40,2008.
4. 橋本敏昭、木村エミ、西川康博:外傷を受けた部位における後継永久歯の萌出障害に関する 臨床的検討、日外傷歯誌、3(1):30〜40、2007
5. 橋本敏昭:カルチトニンの成長期顎骨に及ぼす影響に関する実験的研究 −とくに下顎頭の変化―、九州歯科学会雑誌、41(5)、886-915、1987.(単著)
6. Wataru Motokawa, Yutaka Yoshida, Reishi seo, Yoichi Kuba, Toshiaki Hashimoto,  Mari Katumata, Kihichiro Oka, Katsuya Kitamura:Pulpal Response 1981.
7. 西田郁子、牧 憲司、森本彰子、橋本敏昭、今村隆子、児玉昭資、名越恭子,木村光孝:光重合型コンポジットレジンGRAFT LC Uの臨床的評価(第1報 日本小児歯科学雑誌、31:743-752,1993.
8. 西田郁子、牧憲司、森本彰子、橋本敏昭、今村隆子、児玉昭資、赤嶺秀紀,名越恭子、木村光孝: 光重合型コンポジットレジンGRAFT LC Uの臨床的評価  (第2報)、日本小児歯科学雑誌、31(5): 870〜878,1993.
9. 日高彰子、橋本敏昭、春岡 誠、山野博文、秀島 治、木村光孝:根未完成乳前歯  の再植を行った1症例、九州歯科学会雑誌、45:723-728,1987.
10. 日高彰子、葛 立宏、橋本敏昭、吉永久秋、松田容志子、木村光孝:幼弱永久の露髄を伴った歯冠破折の1症例、九州歯科学会雑誌、47:322-328.
11. 橋本敏昭、平田茂則、吉田 穰、福島忠男、宮崎光治、堀部 隆:小窩裂溝封鎖材に関する研究(その1)2,3の市販resin sealantの理工学的性質、8(2)、 166〜175、福岡歯科大学学会雑誌、1981
12. 種市梨紗、吉原俊博、鈴木広幸、梶本祐一郎、橋本敏昭、鈴木康生、五十嵐清治、福田 理、土屋友幸、八若保孝:小児歯科開業医における障害児(者) 歯科診療に関する実態調査 1、現状について、小児歯誌、48巻(1号)、56〜63、2010.
13. 八若保孝、種市梨紗、吉原俊博、鈴木広幸、梶本祐一郎、橋本敏昭、鈴木康生,       五十嵐清治、福田 理、土屋友幸:小児歯科開業医における障害児(者)歯科診療に関する実態調査 2、連携と今後の課題について、小児歯誌、48巻  (1号)、67〜72、2010.
14.田中光郎、石塚 治、荻田修二、木本茂成、高野博子、橋本敏昭、藤原 卓, 山崎要一:小児歯科専門医に通院している患児保護者の小児歯科専門医に対する意識調査、日本小児歯科学雑誌、53(4):455〜461,2015.

症例報告

1. 橋本敏昭、牧 憲司、赤嶺秀紀、木原由香理、鶴田 靖、木村光孝:外傷による乳前歯の脱臼の1例 −4年経過観察―、日本小児歯科学雑誌、34(3):719~724,1996.
2. 栢原千鶴、橋本敏昭、井上秀人、木下孝昭、黄 隆裕、木村光孝:学童期に発現したMucoceleの1例、日本小児歯科学雑誌、23(4):1057〜1066,1985.
3. Toshiaki Hashimoto, Akiko Hidaka, Yasuhiro Nishikawa, Kazumasa Tsukamoto, Emi Kimura, Mitsutaka Kimura:Treatment of traumatized upper left central incisor accompanied by maxillary protraction and supernumerary tooth in a 9 year-old girl2005.
4. Toshiaki Hashimoto, Takashi Arizumi, Emi Kimura, Yoshiko Matsuda, Yasuhiro Nishikawa, Mitsutaka Kimura:Traumatic crown fracture of upper central incisors in a 9 year-old boy2006.
5. 橋本敏昭、蒲生佳華:上顎左側乳中切歯の陥入に関する臨床的検討、西日本臨床小児口腔外科学会雑誌、3巻(1号)、9〜14、2011.

総説

1. 橋本敏昭、木村光孝:小児に対する虐待と乳歯外傷、乳歯列期における外傷歯の診断と治療(木村光孝、高木裕三、香西克之、朝田芳信監修)、104〜107、クインテッセンス出版、東京、2005
2. 橋本敏昭:乳歯の早期喪失に対する処置、歯科ジャーナル、32(5)、393〜404、1990.
3. 橋本敏昭:成長発育期における上顎前突症の治療、歯科ジャーナル、40(3)、429~442, 1994.
4. 西田郁子、葛 立宏、橋本敏昭、吉永久秋、松田容志子、木村光孝:幼弱永久の露髄を伴った歯冠破折の1例、九州歯会誌、47:322−328,1993.
5. 日高彰子、橋本敏昭、春岡 誠、山野博文、秀島 治、木村光孝:根未完成乳前歯の再植を行った1症例、九州歯会誌、45:723−728,1991.
6. 橋本敏昭:第一大臼歯のう蝕予防を考慮した修復処置、歯科ジャーナル、37(2)、207〜215、1993.
7. 橋本敏昭、木村光孝:乳歯冠と鋳造冠の比較検討、歯科ジャーナル、27(6)、797〜806、1988.
8. 橋本敏昭、木村光孝:乳歯における支台築造 −前歯から臼歯までー、歯科ジャーナル、27(6)、785〜790、1988.
9. 橋本敏昭、山本英次、栢原千鶴、鬼塚一徳、杉山和夫、木村光孝:小児歯科臨床における局所麻酔について、歯科ジャーナル、22(6)、809−820、1985.
10. 吉田 穰、本川 渉、橋本敏昭;小児歯科臨床におけるHY-BONDセメントの応用について、デンタルエコー、52:1〜11,1980.
11. 橋本敏昭:小児の歯みがきの動機付けと習慣化について、公文教育研究会「118」第3号、16〜17、1989.
12. 橋本敏昭、藤田優子、牧 憲司:乳歯の歯内療法、特集 今日の小児における外傷歯の歯科治療、季刊 歯科医療、第一歯科出版。22(2)、34〜40,2008.
13. 牧憲司、橋本敏昭、森川和政:口唇、舌の異常、小児内科、43(8)、1337〜1340、東京医学社、東京、2011.
14. 牧 憲司、森川和政、橋本敏昭:子どもたちの噛み合わせについて、子どもの発育発達、57〜62、杏林書院、東京、2011年
15. 橋本敏昭:専門医とは ー専門医に求められること、小児歯科臨床、17(12)、18〜25、東京臨床出版、2012年.

学会発表

1. 橋本敏昭、木村光孝:小児歯科患者に取り扱いー安全性の面から追及―、第2回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会、1984年10月13日、福岡.
2. 栢原千鶴、橋本敏昭、井上秀人、渡辺尚海、杉山和夫、木村光孝:学童期に発現したMucoceleの1例、第23回日本小児歯科学会大会および総会,1985年5月19日.
3. 大久保和之、吉田 穰、塚本末廣、手嶋文史、橋本敏昭、柴田 香、平川栄二、福島桂子、清野 尚:福岡市西区在住1.6歳児の口腔環境調査について(その1)、第7回福岡歯科大学学会総会、1980年11月22日、福岡.
4. 久芳陽一、瀬尾令士、橋本敏昭、勝俣真理、平田茂則、増田純一、本川 渉、吉田 穰、谷口邦久、北村勝也:根未完成永久歯の断髄後の治癒経過に関する研究(T)、第19回春季日本小児歯科学会大会および総会、1981年5月21日、愛知.
5. 塚本末廣、清木史郎、大久保和之、橋本敏昭、久芳陽一、宇都宮聖治、李 炳允、
吉田 穰:日韓両国小児の口腔環境とその比較検討(2)、第17回秋季日本小児歯科学会大会および総会、1979年11月10日.
6. 手嶋文史、平田茂則、橋本敏昭、一木数由、北澤良次、塚本末廣、吉田 穰、
福島忠男、宮崎光治、堀部 隆:小窩裂溝封鎖材に関する研究 (その2)試作resin sealantの歯質への接着性、第19回秋季日本小児歯科学会大会および総会、1981年11月14日.
7. 平田茂則、手嶋文史、橋本敏昭、一木数由、北澤良次、塚本末廣、吉田 穰、
福島忠男、宮崎光治、堀部 隆:小窩裂溝封鎖材に関する研究 (その3)試作resin sealantの2・3の物性、第19回秋季日本小児歯科学会大会および総会、1981年11月14日.
8. 瀬尾令士、久芳陽一、橋本敏昭、仲道真理、古賀美恵子、新村健三、本川 渉、
吉田 穰:Cleafil SCとEstiluxの乳歯歯髄に対する影響について、第18回春季
日本小児歯科学会大会および総会、1980年5月15日.
9. 橋本敏昭、木村光孝:カルチトニンの成長期顎骨に及ぼす影響に関する実験的研究 −とくに下顎骨の変化について―、第47回九州歯科学会総会、1987年5月24日、福岡.
10. 橋本敏昭、木村光孝、楊榮展:カルチトニンの成長期顎骨に及ぼす影響に関する実験的研究 −とくに下顎骨について―、第25回日本小児歯科学会大会および総会、
1987年6月25日、札幌.
11. 橋本敏昭:カルチトニンの成長期顎骨に及ぼす影響に関する実験的研究 −とくに下顎頭について―、九州歯科学会例会、1987年8月19日、福岡.
12. 橋本敏昭、木村光孝、井上秀人、竹中正史、後藤啓爾:乳歯の既製冠と鋳造冠の比較検討、第5回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会、1987年10月17日.
13. 春岡龍男、橋本敏昭、西田郁子、牧 憲司、木村光孝:根未完成乳前歯の再植を行った1症例、第8回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会、1990年11月17日.
14. 久保雅起、西田郁子、松田容志子、橋本敏昭、古沢ゆかり、古谷充朗、木村光孝:光重合型コンポジットレジンGRAFT LC Uの臨床的成績、1994年5月21日.
15. 橋本敏昭:小児歯科臨床における私の工夫点 ―患者の取り扱いについてー、第3回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会、1985年10月19福岡.
16. 橋本敏昭、木村光孝:小児歯科臨床における局所麻酔について、第3回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会、1985年10月19日、福岡.
17. 橋本敏昭:小児の局所麻酔を中心とした歯内療法、第15回北九州歯科医学会、1989年2月11日、福岡.
18. 橋本敏昭:脱落乳歯再植の一例、第一回日本外傷歯学会、1995年5月27日、東京.
19. 松田容志子、橋本敏昭他:乳歯の根管清掃効果について、第6回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会、1988年9月23日、福岡.
20. 橋本敏昭:「九州地区における小児歯科医療の理想と現実」−臨床医の立場からー、第6回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会、1988年9月23日、福岡.
21. 橋本敏昭:成長発育期歯列のspace control,第8回 日本小児歯科学会学術集会、2002年2月7日、福岡.
22. 橋本敏昭:歯牙外傷を自ら守る保健教育と事後措置、第51回十三大都市学校保健協議会、2000年5月14日、神戸.
23. 橋本敏昭:ヘルスプロモーションネットワークの構築と学校歯科保健、第55回十三大都市学校保健協議会、2004年6月20日、札幌.
24. 橋本敏昭、木村エミ:スポーツ外傷を受け矯正歯科治療を行った男児に、複数認められた後継永久歯の歯根の屈曲、埋伏、位置異常、萌出障害に関する臨床的検討、第7回日本外傷歯学会、2007年10月7日、名古屋.
25. 横山伸夫、橋本敏昭:乳歯外傷後に惹起された歯髄腔狭窄の2症例、第19回西日本臨床小児口腔外科学会、2008年7月20日、大分.
26. 横山伸夫、橋本敏昭:乳歯外傷後に惹起された歯髄腔狭窄について、第8回日本外傷歯学会、2008年11月1日、沖縄.
27. 小島一人、橋本敏昭:乳歯外傷後の歯髄の石灰化現象、第8回日本外傷歯学会、2008年11月1日、沖縄.
28. 有住隆史、橋本敏昭、木村エミ、松田容志子、木村光孝:9歳男児1 1の歯冠破折 -10年経過観察例―、第6回日本外傷歯学会、2006年9月17日、広島.
29. 日高彰子、橋本敏昭、渡辺幸嗣、木村光孝:小児期1 1の外傷に歯根嚢胞と石灰化変性を惹起した症例、第5回日本外傷歯学会(アジア外傷歯ンポジウム)、2005年9月18日、岡山.
30. 中野志保、谷口芳子、松田容士子、橋本敏昭:上顎左右埋伏犬歯に含歯性嚢胞を認め萌出誘導した1例、第28回日本小児歯科学会九州地方会大会、2010年10月3日、福岡
31. 蒲生佳華、橋本敏昭:上顎乳中切歯の軟組織損傷を伴う陥入の1症例、第22回西日本臨床小児口腔外科学会、2011年10月2日、福岡
32. 有住隆史、橋本敏昭、松尾 拡、森本泰宏:右側下顎乳犬歯の萌出障害を惹起した歯牙腫の1例、第21回西日本臨床小児口腔外科学会、2010年10月3日、大阪
33. 板家 智、逢坂洋輔、橋本敏昭、馬場篤子、尾崎正雄:歯科用コンビームCTを用いた過剰歯の位置に関する研究、第30回 日本小児歯科学会九州地方会大会、長崎、2012年.
34. 塩野康裕、藤田優子、空田安博、橋本敏昭、牧 憲司:小児における永久歯の異常に関する研究、第29回 日本小児歯科学会九州地方会、北九州市、2011年。
35. 榎本紋香、田中敏子、竹島 勇、森高久恵、橋本敏昭、空田安博、河岸重則、中島秀彰、牧 憲司:乳歯歯質中Srの溶出挙動とう蝕感受性との関連性、第49回日本小児歯科学会大会、岩手、2011年.
36. 田中敏子、榎本紋香、橋本敏昭、森高久恵、空田安博、河岸重則、中島秀彰、牧 憲司:乳歯エナメル質からの微量元素溶出挙動とう蝕感受性との関佳について、第49回日本小児歯科学会大会、岩手、2011年.
37. 蒲生佳華、橋本敏昭:上顎左側乳中切歯の軟組織損傷を伴う陥入の1症例、第22回西日本臨床小児口腔外科学会大会、福岡、2010年.
38. 中野志保、橋本敏昭、谷口芳子、松田容志子:上顎左右埋伏犬歯に含歯性嚢胞を認め萌出誘導した1例、第28回 日本小児歯科学会九州地方会大会、福岡、2011年.
39. TOSHIAKI HASHIMOTO:Management of A Successive Permanent Teeth After the Injury of A DeciduousTooth ,The 40th Anniversary of pediatric Dentistry,Fukuoka Dental College The 10th Pediatric Conference CBNU,DC-FDC,Fukuoka,jan.26,2014
40. 橋本敏昭、中野志保、中村香織:口腔習癖を伴った乳歯列期不正咬合に対する臨床的検討、第27回 日本小児歯科学会九州地方会大会及び総会、北九州市.,2009年.
41. 榎本紋香、牧 憲司、田中敏子、河岸重則、橋本敏昭、森高久恵、空田安博、中島秀彰:フッ化物使用および齲蝕罹患が乳歯エナメル質中のSr溶出量に及ぼす影響、第29回 日本小児歯科学会九州地方会大会、北九州市、2011年.
42.馬場 篤子、橋本 敏昭、尾崎 正雄:幼若永久歯外傷の2症例、第17回日本外傷歯学会総会・学術大会、愛知学院大学、名古屋、2017年
43.   馬場篤子、端本敏昭、尾崎正雄:固定が困難な乳幼児外鞘の二症例、第15回日本外傷歯学会ー創立15周年記念大会ー、第7回アジア国際外傷歯学会ー合同学術大会ー、北九州国際会議場、北九州市、2015年
44、橋本敏昭、玉置華香、和田 遥、石井 香、谷口芳子:上顎乳中切歯の脱臼と歯根破折、振盪の長期経過観察を行った1例、第15回日本外傷歯学会ー創立15周年記念大会ー、第7回アジア国際外傷歯学会ー合同学術大会ー、北九州国際会議場、北九州市、2015年
45、9歳女児上顎左側中切歯の過剰歯を伴った外傷歯の処置、−長期観察例ー、第4回日本外傷歯学会総会・学術大会、日本大学総合科学研究所、東京、2004年
46、Toshiaki Hashimoto:Long-term observation of permanent successor tooth followed by traumatic injury of deciduous tooth: two cases report 、Chonbuk National University feb.20,Korea, 2016
47M.OZAKI,T.HASHIMOTO,K.ISHII:Three dimensional virtual reality system for pediatric dental training,IAPD, Glasgow, 2015.
48. 西田郁子、橋本敏昭、牧 憲司 :3歳10か月女児に発症したガマ腫に微小開窓法を応用した1例,第33回日本小児歯科学会九州地方会大会及び総会、
49.板家智, 逢坂洋輔, 橋本敏昭, 馬場篤子, 尾崎正雄:歯科用コーンビームCTを用いた過剰歯の位置に関する研究、第30回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会、2012年.



講演

1. 橋本敏昭:幼若永久歯の齲蝕予防と修復処置、北京医科大学口腔医学院小児歯科学術講演会、1995年10月6日、北京..
2. 橋本敏昭:子供を虫歯にしない方法、第14回アクロス福岡健康づくりセミナー、1996年8月19日、福岡..
3. 橋本敏昭:幼若永久歯の齲蝕予防と修復処置、福岡歯科大学同窓会主催学術シンポジウム、1992年9月15日、福岡.
4. 橋本敏昭:成長発育期歯列のspace control,福岡歯科大学臨床セミナー公開講座、2002年6月14日、福岡.
5. 橋本敏昭: space control,福岡歯科大学臨床セミナー公開講座、2003年6月13日、福岡.
6. 橋本敏昭:抜かずに治す小児歯科治療 −予防・保存・咬合誘導の実際―、熊本合同歯科医師会学術講演会、2002年8月31日、熊本.
7. 橋本敏昭:小児歯科臨床における偶発症とその予防・対策2、福岡臨床小児歯科研究会、1986年11月20日、福岡.
8. 橋本敏昭、国光麻美:小児歯科臨床におけるヒントと問題について(1)、第3回九州小児歯科集談会セミナー、1983年4月15日、福岡.
9. 中谷朋子、金子和子、田上雅代真佐代、小島美幸、橋本敏昭:当医院における齲蝕予防活動、第4回九州小児歯科集談会セミナー、1985年9月27日、福岡.
10. 橋本敏昭:小児歯科における局所麻酔法について、九州小児歯科集談会講演会、1985年7月28日、福岡.
11. 橋本敏昭:北九州市における小児口腔保健の向上をめざして、第一回北九州市小児口腔保健研究会、1991年10月26日、福岡.
12. 橋本敏昭:小児の取り扱いと局所麻酔法、第10回九州小児歯科集談会大会、1987年11月15日、福岡.
13. 橋本敏昭:小児歯科診療の実際、鳥取歯学研究会、1997年7月19日、鳥取.
14. 橋本敏昭:乳歯の根管治療の問題点、福岡臨床小児歯科研究会学術講演会、1989年2月、福岡.
15. 橋本敏昭:成長発育期における顎および歯列の拡大法、福岡歯科大学小児歯科学講座合同ゼミ、1999年12月、福岡.
16. 橋本敏昭:お口の健康を維持するために、北九州市精神障害者健康教室、1999年8月、福岡.
17. 橋本敏昭:小児歯科における局所麻酔法について、九州歯科大学小児歯科同門会学術講演会、1985年12月14日、福岡.
18. 橋本敏昭:小児の咬合誘導と外傷を考える、康和会合同研修会、2003年12月21日・2004年1月18日、福岡.
19. 橋本敏昭:外傷を受けた部位における後継永久歯の障害に関する臨床的検討、外傷歯におけるMinimal Interventionを考察する、第15回国際外傷歯学会世界大会シンポジウム、2008年1月12日、名古屋.
20. 橋本敏昭:小児期の歯の外傷の診断と治療方針、豊前築上歯科医学会、2006年10月12日、福岡.
21. 橋本敏昭:外傷の予後を左右する因子 小児歯科の分野から、第6回日本外傷歯学会シンポジウム、2006年9月17日、広島.
22. 橋本敏昭:小児期の歯の外傷の診断と治療方針、北九州地区小児科医会例会、2006年2月16日、福岡.
23. 橋本敏昭:小児期の歯の外傷の診断と治療方針、第44回広島県歯科医学会・第89回広島大学歯学会シンポジウム、2005年11月13日、広島.
24. 橋本敏昭:外傷受傷後の咬合誘導、第11回日本外傷歯学会シンポジウム、北海道大学大学院歯学研究科小児・障害者歯科学教室主催、2011年11月27日、札幌.
25. 橋本敏昭:外傷歯の咬合誘導についての考察、第1回日本外傷歯学会西日本地方会シンポジウム、2011年11月20日、福岡.
26. 橋本敏昭:小児の口腔習癖について、北九州地区小児科医会学術講演会、2009年4月16日、福岡
27. 橋本敏昭:外傷乳歯の予後と後継永久歯への対応、日本外傷歯学会認定医申請研修会
西日本コースにて講演、2010年2月14日、岡山 
28. 橋本敏昭:小児の含歯性嚢胞に対する処置、第21回西日本臨床小児口腔外科学会シンポジウム、2010年10月3日、大阪
29. 橋本敏昭:外傷乳歯の予後と後継永久歯への対応、日本外傷歯学会 学術奨励賞受賞記念講演、2010年11月13日、福岡 
30. 橋本敏昭:歯科医師としての生甲斐、文科省 歯科医師キャリアパス講演会にて講演、福岡歯科大学主催、2010年12月2日、福岡 
31. 橋本敏昭:小児期の歯の外傷と歯内療法、平成26年度 福岡歯科大学臨床セミナー(公開講座)にて講演、福岡歯科大学主催、2014年11月14日、福岡
32. 橋本敏昭:小児期の歯の外傷の問題点とその対応、第25回 西日本臨床小児口腔外科学会総会学術大会にて特別講演、産業医科大学 歯科口腔外科主催、2014年9月27日、福岡
33. 橋本敏昭:小児期の歯の外傷と歯内療法、第32回 日本顎咬合学会学術大会・総会においてテーブルクリニックで講演、日本顎咬合学会主催、東京フォーラム、2014年6月15日、東京
34. 橋本敏昭:外傷受傷後の咬合誘導、平成24年度 福岡歯科大学臨床セミナー(公開講座)にて講演、福岡歯科大学主催、2012年11月16日、福岡
35. 橋本敏昭:外傷受傷後の咬合誘導、平成24年度第1回北九州小児歯科臨床研究会にて特別講演、2012年6月10日、北九州市
36. 橋本敏昭:専門医とは ー専門医に求められること、第50回 日本小児歯科学会記念大会 学術委員会テーブルセミナーにて講演、東京フォーラム、2012年5月13日、東京
37. 橋本敏昭:小児期の歯の外傷、平成25年度 九州歯科大学大学院特別講義、九州歯科大学、2013年9月12日、北九州市.
38. Toshiaki Hashimoto:Management of a Successive Permanent Tooth after the Injury of a Deciduous Tooth ,The 6th Conference of Asian international Association of Dental Traumatology(AADT), Universitas Indonesia , September7th,2013.Indonesia.
39. 橋本敏昭:乳歯外傷による早期喪失後の咬合誘導 第17回日本外傷歯学会 特別講演,愛知学院大学,2017年7月8日,名古屋.
40.橋本 敏昭 :乳歯外傷の診断と治療 そして予後 、第35回日本顎咬合学会学術大会及び総会 ワンランクアップシリーズ 講演、2017年6月11日、東京.
41. 橋本敏昭:乳歯外傷の診断と治療、平成28年度 福岡歯科大学臨床セミナー(公開講座)にて講演、福岡歯科大学主催、2017年1月27日、福岡
42. 橋本敏昭:小児期の歯の外傷、−歯内療法を中心として− 平成25年度 九州歯科大学大学院特別講義、九州歯科大学、2013年9月12日、北九州市.
43. 橋本敏昭:小児の外傷歯の継続的管理 の重要性、第33回日本顎咬合学会学術大会及び総会、講演、2015年6月27日、東京.
44. 橋本敏昭:外傷歯の咬合誘導と矯正歯科治療、第5回日本外傷歯学会西日本地方会大会および総会における認定医セミナーにおいて講演、2015年11月1日、香川.


社会活動等

1、第29回JSPP全国集会及び総会 大会会長及び記念講演座長、ホテルクラウンパレス小倉、北  九州市、2017年5月24日
2、第25回北九州市小児口腔保健学会総会・学術大会 −創立25周年記念大会ー リレー講演   座長、九州歯科大学記念講堂、北九州市、2017年6月25日
3、北九州市立霧が丘小学校 校医
4、霧が丘幼稚園 園医
5、北九州市立蜷田保育園 園医
6、日本赤十字佩有功章特別会員
7、第22回北九州市小児口腔保健学会総会・学術大会 基調講演座長、 九州歯科大学本館301講  義室、北九州市、2014年3月2日
8、第24回北九州市小児口腔保健学会総会・学術大会 特別講演座長、北九州市生涯学習総合センター、北九州市、2016年2月14日
9、第15回日本外傷歯学会総会・学術大会 展示発表座長、北九州国際会議場、北九州市、2015年7月10日、11日、12日



歯科医師会役員等

S61年 4月 社団法人小倉歯科医師会厚生委員会委員
H2年 4月 社団法人福岡県歯科医師会予備代議員
H5年 4月 社団法人小倉歯科医師会医道委員会委員
H8年 4月 社団法人北九州市歯科医師会理事(センター)
H8年 4月 社団法人小倉歯科医師会理事(学術)(H11年3月まで)
H8年 4月 社団法人福岡県歯科医師会学術部員
H8年 4月 社団法人小倉歯科医師会政治連盟幹事
H9年 4月 全国小児歯科開業医会理事(庶務)(H11年3月まで)
H11年 4月 社団法人北九州市歯科医師会常務理事(会計)(H14年3月まで)
H11年 4月 社団法人北九州歯科助手学院主事
H14年 4月 社団法人北九州市歯科医師会専務理事(H17年3月まで)
H14年 4月 社団法人北九州市歯科医師会総務委員会委員長
H14年 4月 社団法人北九州歯科助手学院講師
H16年 4月 社団法人北九州市歯科医師会ホームページ開設準備委員会委員長
H20年 4月 一般社団法人福岡県歯科医師会代議員
H25年 6月 一般社団法人北九州市歯科医師会副会長(H27年6月まで)
H25年 6月 一般社団法人小倉歯科医師会政治連盟議長

(公職)

H8年 4月 母子・保健医療福祉ネットワーク検討委員会委員
H14年 4月 北九州市結核対策協議会委員
H14年 4月 北九州市国民健康保険運営協議会委員
H14年 4月 北九州市児童虐待防止連絡会議委員
H14年 4月 北九州市暴力追放推進会議暴力介入事件等企業連絡員
H14年 4月 北九州市学校保健会理事(部会長)

(その他)

H20年 10月 北九州市小児口腔保健学会 学会会長賞受賞
H21年 10月 日本外傷歯学会 学術奨励賞受賞
S62年 6月 日本赤十字佩有功章特別会員(現在に至る)

はしもと小児・矯正歯科医院
〒802-0056 福岡県北九州市小倉北区黒住町24-41
093-951-3100