福岡県北九州市  はしもと小児・矯正歯科医院 日本小児歯科学会専門医指導医,日本顎咬合学会認定医,小児口腔医療研究会

対応できる疾患

 歯並びの矯正

装置は一人一人合ったものを使います。口の中に使う装置は固定式のものと、自分で取り外しのできる装置もあります。写真はその装置の一部です。歯一本一本につける装置(ブラケット)には、金属性(メタル)のものと、なるべく目立たないように治療を受けたい方には歯牙色の装置(セラミックなど)があります。当医院では大切な歯をできるだけ抜かないで治す治療法を研究し取り入れています。しかし、すべての症例を抜かずに治すことはできませんので相談の上決定します。

(平成17年7月現在の料金)
1.初診相談料  初回は無料です。どうぞお気軽にご相談ください。
2.診断資料及び総合診断料  30.000円
3.矯正施術基本料(装置代含)  50.000〜400.000円 
*分割もありますのでご相談ください。
4.来院ごとの期間管理料・処置料  1.000〜5.000円 
*この矯正料金すべてに消費税がプラスされます。  

▲2×4

▲リンガルアーチ

▲FKO


 小さなむし歯

初期のむし歯は予防的な修復処置を行います。麻酔注射なしでほとんど痛みはありません。

初期のむし歯は予防的に治療
▲初期のむし歯は予防的に治療

▲ほとんど削らずに治療

▲虫歯の進行抑制剤で黒くなる


 中程度の虫歯

むし歯にかかっている所のみを削ってその場で歯と同じ色のコンポジットレジンを詰める方法と、型を取り次の来院日に金属の詰め物を装着する方法と2とおりありますが当医院ではその日に出来るレジン充填を主体に行っております。

▲悪い所のみ削って埋める治療


 知覚過敏症

知覚過敏は歯ブラシによる磨耗や咬耗などによって起こることが多いようです。当医院では知覚過敏を抑える薬の塗布、イオン導入法や修復等により対応しております。



▲知覚過敏を起こしやすい例


リンガルアーチ



▲むし歯の場合詰め物をします



 抜歯

子供の歯を抜く場合、怖がらせないようにどれだけすばやく抜けるかということがテクニック上重要です。乳歯の簡単な抜歯では注射をせずに表面麻酔のみで抜くことが出来ます。





 粘膜疾患

子供の場合口内炎が良く出来ます。口内炎は口の中を不潔にしていたりして細菌やウィルスに感染したり、ビタミン不足で起こったり体質による場合など原因は様々です。まずは口の中を清潔にし、新鮮な野菜や果物を取り、十分に休養を取り、免疫力を高めておくことが大事です。口内炎にかかったらうがい薬でうがいをし、歯医者さんで塗り薬をもらってなおしましょう。通常の口内炎であれば1週間程度で治るでしょう。



▲アフター性口内炎



▲ヘルペス性口内炎


 審美回復

審美回復には歯の色が悪く、漂白や歯と同じ色の修復物を貼ったりします。歯のない所は乳歯では入れ歯を入れます。







粘膜疾患

子供の場合口内炎が良く出来ます。口内炎は口の中を不潔にしていたりして細菌やウィルスに感染したり、ビタミン不足で起こったり体質による場合など原因は様々です。まずは口の中を清潔にし、新鮮な野菜や果物を取り、十分に休養を取り、免疫力を高めておくことが大事です。口内炎にかかったらうがい薬でうがいをし、歯医者さんで塗り薬をもらってなおしましょう。通常の口内炎であれば1週間程度で治るでしょう。







小児歯科

当医院は小児歯科専門医院ですので子供の歯のことでしたらどんなことでもご相談ください。プロが適切な指導と処置を行います。







歯石除去(スケーリング)





フッ素塗布

う蝕予防では全世界で認められているフッ素を用いた塗布法、イオン導入法を行っています。その他フッ素洗口法やフッ素入り歯磨き材(歯科医院専売)などの指導も行っております。フッ素を歯科医院で定期的に塗って歯の抵抗力をつけましょう。

フッ素を塗ると次のような効果があります。
1.酸に対する抵抗力がつき、虫歯になりにくくなります。(歯質の強化)
2.虫歯になりかけたところを修復します(再石灰化)。
3.抗菌・坑酵素作用(酸産生の抑制)









▲フッ素塗布前後の電子顕微鏡写真


口臭

口臭の原因は歯垢がほとんどで、特に舌の汚れが最近指摘されています。舌専用の清掃用具もありますのでご使用をお勧めします。また口臭を発生させる菌を退治することも大事です。殺菌性の洗口剤でうがいをしましょう。それでもだめな場合は他の原因が考えられますので精密検査を受けましょう。



▲舌専用清掃具



▲歯科医院専売洗口剤


大きなむし歯


大きな虫歯は歯髄に対する保護処置ないしは除去処置を行い、その後詰め物をしたり冠を被せたりします。



▲歯髄処置後詰めたり被せたりする



▲差し歯・前装冠・フルクラウン


歯の萌出スペースの確保

乳歯が虫歯などで早くに抜けると永久歯の生える隙間がだんだんなくなってくることが多く、そうさせないための予防手段として保隙装置があります。定期的なチェックを受けながら目的の永久歯が生えてくるまで装着します。



▲クラウンループ保隙装置





歯の漂白





乳歯が虫歯などで早くに抜けると永久歯の生える隙間がだんだんなくなってくることが多く、そうさせないための予防手段として保隙装置があります。定期的なチェックを受けながら目的の永久歯が生えてくるまで装着します。

予防充填





マウスガード







哺乳瓶うしょく



▲哺乳瓶にジュースなど入れると



▲前歯が全部虫歯になりました


シーラント






はしもと小児・矯正歯科医院
〒802-0056 福岡県北九州市小倉北区黒住町24-41
093-951-3100

Copyright (c) Hahimoto Pedodontics and Orthodontics All Rights Reserved.